ガンになっても何もしてくれない冷たい夫・・・

私は結婚11年目の専業主婦です。専業主婦になったのは、妊娠中に子宮ガンが見つかり、産後に手術を受け、後遺症のため長時間体を動かすことが大変になってしまったからです。そんな私の旦那は、里帰り中だった私がガンと宣告されても、何もしてくれませんでした。私としては、実家にネット環境がなかったので、先生が言う手術で本当にいいのかとか、セカンドオピニオンをどこかで受けるとか、そう言うことを調べて欲しかったのに、何にもしてくれなかったのです。本当にこの人は嫁がガンになったことを理解しているのだろうか、と疑うくらいでした。
ガンを告知された日、一緒に病院には行ってくれましたが、先生に手術の説明を受けて会計に歩いている途中、大粒の涙が止まらなくなりました。でも私は片手にバッグ、片手に会計に持って行く書類を持っていて両手がふさがっていました。顔をぐしゃぐしゃにしてボロボロと泣く私を、すれ違う人が驚いたような顔で見ていました。でも、旦那は荷物を持ってくれることとも、ハンカチを渡してくれることも、ましてや肩や背中に手をやってくれることも何一つしてくれませんでした。
無事、手術は成功しましたが、自覚症状が全くなく、検査をしたらガンだと言われ、産後に手術を受けてからはとにかく後遺症に悩まされました。子宮と一緒に鼠径部のリンパ節も切除しているので、脚がとにかく疲れます。なので、子供は男の子でしたが、外で遊んであげたことはありません。一時間も立っていられないので、洗濯をしたら休み、皿を洗ったら横になり、掃除機をかけたらもう家事はできない。そんな体なので働きにいくことは到底無理でした。
旦那は家が散らかっていても、私がご飯を作る元気が無くて「これで好きなもの買ってきて」と言ってお金を渡しても、文句は言いません。ですが、本当に自分の食べるものしか買ってこないのです。「何か他に欲しいものある?」というような気遣いがまったくできないのです!
洗濯物がたまっていても何も言いません。でも、たまったらたまったで、洗濯機くらい回してくれたらいいものを、何にもしません。
キッチンに洗い物が残っていても知らん顔です。
そのうち私がやるとでも思っているのでしょう。大学時代一人暮らしをしていたのだから、家事の流れくらいはわかると思うのですが、もう完全に家事は嫁がするものと信じて疑わないのです。
さすがに限界がきて「私はこの家の家政婦じゃない!!」と言ってやりましたが、キョトンとしているのを見て、呆れてそれ以上何も言えませんでした。あのときは本当に脱力しました。
今思えば、私は旦那と結婚したかったのではなくて、「結婚」がしたかっただけなのです。30代半ばになって、友達はみんな結婚しているのに、私は結婚どころか彼氏もいなかったのです。そこへ現れた旦那の猛アプローチで結婚に至りましたが、残念ながら旦那との結婚は失敗だったと思います。
今は全く経済力のない私ですが、なんとか仕事を見つけ、子供二人で生きていけるだけのお金が得られるようになったら、離婚しようと思っています。
家は一回建てただけではわからない、と言いますよね。結婚も同じです。一回では分かりません。再婚は今のところ考えてはいませんが、もしするなら、結婚経験のある人がいいですね。何事も経験ですから、失敗したもの同士で、新たにいい関係を築けるお相手に出会えたらいいなぁと、密かに思っているので、全く旦那に未練はありません。

喧嘩になるとすぐに家を出ていってしまう夫・・・

 

今日は夫への愚痴について聞いてください。うちの夫は些細なことから大きなことまで喧嘩になると話を放り投げてすぐ家から出て行ってしまうんです。

先日なんて大きな台風来るから仕事も早退して家にいるにも関わらず台風来る前に出て行っちゃいました乳幼児が2人いるのに「もう俺子供でいいもんね!」と言いながら出て行っちゃいました。

そもそも家を出られることについて何が不満かというとやっぱり話の途中で出ていかれるときちんと話もできないし頭を冷やす為との意見もあるかもしれないけど喧嘩はその時に終わらせて翌日まで持ち越さないようにしないと

イヤーな空気が家の中に流れてしまう気がするんです。あとは子供もいることだし出て行くなんて大人気ないことはやめて欲しいというのが正直な気持ちです。

そんな不満の打開策として「話もできなくなるし家を出ていかれたら嫌だ」「あなたが出て行くと子供が悲しむからそれはやめてほしい」と少し下手に出るような言い方で伝えてみることにしました。

その結果以前より喧嘩自体は減ったもののやっぱりたまに喧嘩になると家を出て行ってしまい現状は家を出て行くことを辞めたというわけではないです。

でも喧嘩自体の回数はぐっと減っているので以前ほど気をもむこともなくなっています。

こんな夫と結婚したことについて以前大きな喧嘩をした際には家を出てばかりで話にもならないしもう離婚しようと話を進めていた時期も正直ありました。

その後散々お互いを否定する大ゲンカを繰り広げた末お互いにお互いの言い分を聞く努力をすることも大切だったなと今では自分が嫌な気持ちになった時には、その時の相手の気持ちも考えるようになり、喧嘩の回数が大幅に減ったのはそのおかげかと思っています。

今は、やっぱり元々の性格が似ていることもあるし気も合うし夫婦として、男女として、家族として、親友として全てにおいてこの人と一緒で良かったなと思えています。

だけど、やっぱり、回数は減ったといえども喧嘩の度に家を出ていかれたらそれは困ってしまうので例えば喧嘩になった時、かーっとなると思っていることが言葉に出てこないらしい不器用な夫を言葉で追い込みすぎないことや普段から事前に夫が喧嘩中の私についてどう思っているのかどこが嫌で出て行くのかという事などをリサーチして研究しながら別の地域で別の両親から産まれ、別の人生を歩んできた。

全く自分とは別人格の夫のことを少しでも理解しようとしつつやっぱり出て行くことは違うことだよ!と何回も何回も伝え続けて行くことかなと思っています。

 

仕事に対する愚痴、不満を私にぶつける夫にうんざり・・・

会社自体が身内で統括しているため、経営能力がない人が社長がやっているからお給料も少ないのはわかります。それでも、仕事に対しての態度であったり文句が多すぎます。

まず上司が質よりスピード重視というのだから、その通りやっていれば平和だったはず。それを「きれいにやらないと気が済まない」といって、次の工程をやる人の作業を遅らせているのはどうかと思う。

その他直属の上司から、何度も飲みに行こうと誘われている。元々外食好きではないし、その上司の方はタバコを吸う人みたいなのです。うちの人は、煙草も嫌いだから何度も断っているとのこと。

嫌かもしれないけど、一度行けばその上司も納得するんだからいけばいいのにと思う。
誘うということは、何か二人で話したいことがあるからかもしれないじゃないですか?こういったところが、もったいなくも感じます。

そういうことが続き、仕事が少ないところに異動になったのです。あまり仕事がないため、暇らしい。1年に1回、旦那の会社の仕事に関するイベントが東京ビッグサイトで行われているそうだ。誰でも参加できるわけではなく、同業者のみさんかできるらしい。
毎年、時間がある人はいくようにと社長から言われている。

そのときも仕事がそんなにないにも関わらず、面倒くさいといっていこうとしなかった。会社の同僚から「仕事ないんだったら、行った方がいいよ」といわれ、しぶしぶいったらしい。そういうところで、会社での周りの印相も悪くなっていると思う。
もう少し周りとあわせたりコミュニケーションをとっていれば、異動させられることもなかったと思う。

青森の人だから、頑固なので何を言ってもきかない。
自分の思ったことを、貫き通すといったところがある。

こうなると、生活面も影響がでてくる。物価の上昇で毎日の食費なども、かなりきいつめているのに「使いすぎだから」といわれる始末。
自分のことはさておき、人を責める言い方しかしない。

帰ってきてもそう。私は在宅で夜はずっと、クライアントから言われた通りに記事を書いてます。
以前アンケートの回答をしたりして、少しでもお小遣い稼ぎできればといっていた。

けれどゲームとアニメ三昧。探している様子が、全く見受けられない。その光景を見るたび、腹が立ちます。それでいて生活費がなくなると、文句を言われる。ちなみに自分のお小遣いも、私は全くといってもらっていません。

文句を言う前に、どうして仕事が少ないところに異動になってしまったのかということを考え、周りに対する態度や言い方も改めてほしいです。

お金がないくせに外で毎晩酒を飲む旦那が許せない!!

わたしは旦那に不満を持っています。とにかく外でお酒を飲んでくることが不満。お金も無いのに外でお酒を飲む考えが理解できない。お金が無いならないなりの生活をすればいいのにそれをしようとしない。

具体的には、何度も家でお酒を飲むように言っているのに、わたしが言っていることをなんだかんだ理由をつけて守らないことが気に入らない。家でお酒を飲むのがイヤなの?と聞いたらそういうことじゃないと。だったら家で飲めばいいのに、仕事終わりは決まって行きつけの居酒屋に寄ってくる旦那の行動がむかつきます。

これを改善させるために話し合いました。お酒を飲む量が多いこと、ひと月にお酒に使うお金がどれくらいかかっているかも話し合いました。外で飲んでくるお金がどれくらいかかっているかわたしはわからないからそういうところも全部。

でも外で使うお金については「自分の給料から出しているから」という理由で正直に言ってもらえなかったです。なんかいろいろ誤魔化され夫婦でいる意味がない結婚生活は苦痛でしかないです。

旦那との結婚は失敗です。それもちょっとの失敗ではなく大失敗。旦那と出会った場所がお酒を飲むところだったから自業自得かもしれないけど、わたしは結婚してからそういう場所に行かなくなったので、結婚後もそういう習慣を変えられない旦那に気持ちが冷めるばかり。お酒がないと生きていけないような旦那なんて必要ないとまで思っています。

だから離婚を考えたこともあります。実際離婚しそうになったこともあったけど子供がいるから踏みとどまっています。子供がいなくて夫婦二人だけならすぐに離婚していました。私の両親は旦那のことを結婚前からよく思っていなくて、その理由が「自分のことしか考えていないひと」ということだったので、わたしより両親のほうがよほど旦那のことを見抜いていたのです。

今後、こんな旦那とどう向き合っていこうか悩んでます。酒癖が悪かったらいくら子供がいても離婚したいけど酒癖は悪くないんですね・・・。気分良くお酒を飲んでカラオケを歌ったり仲間と語り合ったりしてストレス発散するタイプ。

もし酒癖が悪くて酔った勢いでわたしや子供に手を上げたり物に当たったりしたら有無を言わさず離婚するけど、お酒を飲むと陽気になるタイプだから離婚に踏み切れない。だからどう向き合っていこうかすごく悩みます。なるべく家でお酒を飲むように家の雰囲気を良くしてみようと思っています。

そんな私も、最近夫に内緒で脱毛サロンに通い始めました。【ミュゼ体験談

優しさの方向性が全く違う旦那。優しさアピールがムカつく。

我が家の旦那はとても穏やかな人で、私も普段これと言って不満はありませんが、子どもが生まれて専業主婦になってからある事にとてもイライラするようになりました。

それは『全然優しくないのに優しさのアピールをする』ことです。
例えば日中バタバタと育児で忙しくなったときや、用事が長引いて家に帰宅する時間が遅くなったとき、皆さんは『ご飯作るのめんどくさいな~』と思うことはありませんか?
そんな時決まってうちの旦那はこう言います。「簡単なものでいいからね~」
その言葉がいつも私をイライラさせるのです。

簡単なもの、とは何なのでしょうか?旦那のいう簡単なものとは、主にお肉を焼くだけのものや、焼きそば、カレーライスのような一皿で済むものの事を言っています。家事を甘く見ないでもらいたいです。

その『簡単なもの』のために、私はまな板と包丁で野菜を切り、ご飯を炊飯器で炊き、フライパンで炒めるのです。食べればお皿やお箸は洗うし、少しでも料理をすれば、コンロやシンクはキレイにリセットする必要があるんです。

『簡単なもの』とは、調理工程が簡単なだけで、決して完全に楽が出来ているわけではないといいたいです。
もう一つ、主にイライラするのは、私が体調不良の時に洗い物や子どもたちが散らかしたおもちゃなどを片付けようとするときの「今日はもう寝たら?」の一言です。

『片付けを代わってくれるなんて優しいな』と思いながら眠った私は翌朝すべてが昨日のままで衝撃を受けました。本人は優しさのつもりで言っているんだろうとは思いますが、結局次の日動くのは私です。しかも、前の日に残した家事から次の日がスタートするのですから、むしろマイナスです。

優しい気持ちで言ってあげたと思っている旦那にむかつきます。その後しばらくは、私も意地になって「いや、明日大変になるだけだし!」と言い返していましたが、お互いにモヤモヤとした気持ちが残るだけですっきりしないなあと感じていました。

最近になって、私の考えが変わってきました。食事を作るのが大変なら思い切って外食を誘ったり、「運ぶのを手伝ってほしいな」と『お願い』してみるのです。心の中では『これくらいやれよな』と思っていますよ。お願いして動いてくれたらとびきり感謝すること、その方がお互いに気持ちよく終われます。

家事が残っているのに休んだらと声をかけられたら、「じゃあ、ここの片づけ任せていいかな?」とわざわざ聞きます。「もちろん」という旦那の誇らしそうな顔ったら……。最近の私はこんな風に旦那をうまく乗せて動いてもらうことに、ちょっとゲーム感覚で楽しんでいます。おすすめですよ~!